curasuta

翌朝に効く。アイマスクをつけて睡眠の質を上げよう

公開    更新  2016年02月04日

Yusuke Satoh
curasutaの運営・管理をしています。 生活に役立つサービスやアプリ・ガジェットなどについて書いています。
Pocket

こんばんは。佐藤裕介です。

友人に「睡眠に対してストイック」と言われたことのある僕が、皆さんにおすすめしたいのが「アイマスクをつけた睡眠」
今日は新しく買ったアイマスクのレビューと選ぶ際のポイントをまとようと思います。

アイマスクの選び方

そもそも日本だとアイマスクを付けて眠る習慣がほとんどないので、僕がいくつか試してみて気づいたチェックポイントをまとめておこうと思います。

1.肌触りのいい素材

ただでさえデリケートな顔。しかもまぶたに直接触れるものなので、素材には気をつけたいところ。
初めて僕が買った100均で売っていたペラペラのナイロン素材のものは、寝返りを打つ度にカサカサと音がなるし、何よりも素材からくる「異物感」がハンパなくて一晩でお役御免になりました…。

2.バンドの調整機能の有無

これが本当に重要で満足度に直結します。
いざアイマスクを買ったのに「ゴムが硬すぎて頭が痛い」「ゆるすぎてズレが気になる」なんてことがあると本末転倒ですよね。なので僕はマジックテープなので調整のできるタイプを強くおすすめします。

僕が買ったアイマスク

結局どれがいいんじゃい、という方には僕が今回買ったPLEMOの立体アイマスク(EM-451)というものがおすすめです。

僕が買ったものはフリーサイズなので男女問わず大人であればフィットすると思うのですが、他にも子供用などがあるのでご参考までに。


使ってみて良いところ

まずは選び方でご紹介した「肌触りのいい素材」「バンドの調整機能」の2つのポイントが満たされています。
宣伝文句にもあるようにシルクのようなすべすべした肌触りなので顔に異物感がありません。またバンドが調整できるので自分好みの強さに調整できます。

さらに「立体型」 という点が革命的。このおかげで目への圧迫感がないためとても快適です。

イマイチなところ

・その辺に転がっているとブラジャーっぽい。
・つけている姿はたぶん美しくない。


いかんせんデザインがよろしくない(笑)機能は高いのですが、見た目はどうにかしてほしいです。…それくらいかな(笑)

 

いかがだったでしょうか?
アイマスクをつけた睡眠は特に大きな準備が必要なわけではないので、ぜひ試してみてほしいです!
またアイマスク自体は100円で買えるものですが、Amazonで2000円前後の物をポチってみるだけで違いにかなり満足できます。
こちらもぜひぜひお試しあれ!

Photo By: m01229

 - ライフハック

この記事をシェア